晴鍼灸院HOMEへ

        トリガーポイント鍼療法

当院では、『トリガーポイント鍼療法』をおこなっています。


トリガーポイントとは「引き金点」という意味で、痛み、しびれ、だるい、重い等の症状の引き金(原因)

になっているポイントを見極め治療していく療法です。


トリガーポイントは筋肉・筋膜だけでなく、靭帯・腱・皮膚・脂肪などにも存在するため、筋肉・筋膜以外も治療対象です。


トリガーポイントに鍼が当たると、トリガーポイント特有の「ひびき」(ズーン・重い・筋肉がピクッと動く(ローカルトゥイッチ))が出ます。


その「ひびき」は、「あーっ、それ。そこです。そこが痛かったんです。」と患者様の常日頃訴える痛い

部分を、あたかも再現したような感覚(再現痛)を与えます。


※身体の症状によって治療法は様々です。


鍼の刺激や「ひびき」が苦手な方は弱刺激で施術いたしますのでご安心ください。


                 晴鍼灸院HOMEへ